トップ > お問い合わせ・ご連絡 > Excelで画像編集 ~編集機能を使い倒す!!~

Excelで画像編集 ~編集機能を使い倒す!!~Excelを学びのツールに

本を執筆しました(Kindle版)
Excelは表計算アプリケーションですが、画像や図形の優れた編集機能を備えています。
本書では、それらの機能や操作に焦点をあてた解説をし、あわせて編集の具体例とその方法を紹介します。
オブジェクトと機能を組み合わせ、Excelで行う画像編集の可能性を探っていきましょう!

【対象】このような方にお薦め!
◇小中高生
 ・ICTリテラシーを高める一環として
 ・思考力・表現力を育む教材として
◇教師 保育士 事務員 etc.
 ・訴求力・伝達力を高める表現手段として
◇中高年
 ・デジタル画像編集やデジタルアートの趣味として!!

OS:Windows
Excel:2010/2013/2016/2019/Office365 ※
※ バージョンによって、メニュー表示や操作が、若干異なる場合があります

購入:amazon

2021/6/27にAmazon売れ筋ランキング 工学カテゴリーで第2位になりました!!


2021/6/27 17:40
 アプリケーションカテゴリー:1位
 工学カテゴリー:2位
 教育・学参・受験カテゴリー:3位


編集内容紹介

画像編集例の一部です。





内容の一部です。
■図形:輪郭線の編集



著者より

Excelは表計算アプリケーションですが、優れた画像編集機能を備えています。
もちろん画像編集専用アプリケーションと比べると、できないこともありますが、それでも機能を組み合わせることで、驚くほど多彩で豊かな表現を創り出すことができます。
そして既に多くのデバイスにインストールされており、直ぐに始められることが、大きな魅力です。

本書は、Excelで画像を編集することをテーマとしていますが、知識にとどまらず、実際に思考・試行し、繰り返しアウトプットする中で、様々な力に磨きをかけてもらいたいと思っています。
そのために、Excelの機能・操作解説だけでなく、画像編集の具体例と、その編集方法を載せています。
それらの方法を試し、アレンジを加えることで、多くの発見があるでしょう。
そして実践を通し、工夫を重ね「イメージの具現化」を目指すこと、訴求力・伝達力のある表現や、人の心に訴える表現について考えることは、実社会で求められる力の向上に繋がると思っています。

そのような想いから、小中高生や、表現機会の多い職種、そして趣味を求めている方に、特にお薦めしたい内容になっています。


目次

第1章 画像の基礎知識
  【この書籍の表記について】
 1-1  Excelで扱える画像形式
  ・JPEG形式(ジェイペグ)
  ・PNG形式(ピング)
 1-2 画像の挿入
  ・「挿入」タブの「画像」から
  ・他のアプリからコピー
  ・Webページから挿入
  ・スクリーンショット機能から挿入
  ・PrintScreenを利用し挿入
  【補足情報】PrintScreenの範囲
  ・オンライン画像の挿入
  【補足情報】クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
 1-3 画像の削除
  ・「Delete」キー
  ・切り取り
  ・クリア
 1-4 画像の選択
  ・マウスカーソルで選択
  ・「Tab」キーで選択
  ・「オブジェクトの選択」を利用
  ・「オブジェクトの選択と表示」を利用
  ・ジャンプ機能を利用
  【補足情報】全ての図・図形オブジェクトを選択するショートカット
  ・名前で選択
  【補足情報】「選択」メニューでできること
 1-5 グループ化
  ・グループ化とグループ化の解除
  ・グループ化と個別選択
 1-6 移動と配置
  ・移動
  ・配置
 1-7 拡大・縮小・回転・反転
  ・拡大・縮小
  ・回転
  ・図ツール「書式」タブの利用
  ・反転
  ・「図の書式設定」の利用
  【補足情報】画像の3-D回転
  ・リセット
 1-8 重なり
  ・右クリックメニューを利用
  ・「オブジェクトの選択と表示」を利用
 1-9 コピーと貼り付け
  ・画像をコピー
  ・貼り付け
  ・画像形式を変更して貼り付け
  【補足情報】画像の形式
  ・セル範囲をコピー
  ・セル範囲を画像で貼り付け
  ・図としてコピー
 1-10 画像の保存①
  ・「ペイント」アプリの起動
  ・ペイントに貼り付け
  【補足情報】複数のオブジェクトを一つの画像としてコピー
  ・ペイントで保存
  【補足情報】「ペイント」アプリで気を付けること
 1-11 画像の保存② 透過画像の保存
  ・「ペイント3D」アプリの起動
  ・画像をコピー
  ・貼り付け
  ・ペイント3Dで保存
 1-12 画像の保存③ 複数の画像をまとめて保存
  ・Webページ形式で保存

第2章 画像の編集 基礎編
 2-1 背景の削除
 2-2 修正
 2-3 色
  ・色の彩度・色のトーン
  ・色の変更
  ・透明色を指定
 2-4 アート効果
  【補足情報】フィルターの種類
 2-5 図のスタイル
  ・図の効果
  【補足情報】効果の種類
  ・図の枠線
  ・図のレイアウト
 2-6 トリミング
  ・図形に合わせてのトリミング
  ・縦横の比率を合わせてのトリミング
  ・塗りつぶし
  ・枠に合わせる

第3章 画像の編集 応用編①
 3-1 編集のタイプ
  ・修正・加工
  ・レイヤー
  ・組み合わせ
 3-2 グレースケール画像の一部をカラーにする
 3-3 背景をぼかす
  【補足情報】 効果の加減調整
 3-4 画像の一部をぼかす
 3-5 画像の一部を光彩化する
 3-6 セルと画像を組み合わせる

第4章 図形の基礎知識
 4-1 図形とは
  ・テキストボックス
  ・ワードアート
  ・SmartArt
 4-2 図と図形
  ・図ツール「書式」タブ
  ・描画ツール「書式」タブ
  ・図の書式設定(上)と図形の書式設定(下)
  【補足情報】図形の拡大・縮小
 4-3 塗りつぶし
  ・単色
  ・グラデーション
  ・図
  ・テクスチャ
  ・パターン
 4-4 透明度の設定
 4-5 図形のコピーと貼り付け
  ・図形のコピー
  ・貼り付け
  ・形式を変更して貼り付け
  【補足情報】描画形式
 4-6 頂点の編集
 4-7 フリーフォーム
  ・フリーフォーム:図形
  【補足情報】フリーハンドで描く
  ・フリーフォーム:フリーハンド
  【補足情報】フリーフォームの輪郭線編集
  ・曲線
 4-8 テキスト入力
  ・テキストの入力
  ・テキストの変形
  【補足情報】図形の●ポイント
 4-9 ワードアート
  ・挿入
  ・ワードアートの特徴
  ・既定スタイルの設定
  ・テキストの変形
 4-10 図形への変換
  ・アイコンの図形化

第5章 画像の編集 応用編②
 5-1 画像と図形と自然に組み合わせる
 5-2 画像を半透明にする
 5-3 図形・図の機能を組み合わせる
 5-4 様々なオブジェクトを組み合わせる
付録
 F-1 画像 2色以上の透明化
 F-2 画像をトレースする
  ・シート背景の設定
 F-3 図・図形のキー・マウス操作一覧
  ・操作一覧①
  ・操作一覧②
  ・操作一覧③
 F-4 特別アプリ ショートカットでペイント起動
  ・ダウンロード
  ・ファイルの解凍
  ・アプリのインストール
          
ページトップへ戻る
Copyright(C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.