トップ > 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール > 1-12 フォームの背景色を設定する

1-12 フォームの背景色を設定するユーザーフォーム

次の書籍の第1章~5章を公開しています。
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」

目次  前頁   次頁  索引

BackColorプロパティは、背景色を取得・設定します。

プロパティウィンドウでの設定

プロパティウィンドウのBackColorプロパティの[▼]をクリックすると、「パレット」タブと「システム」タブが表示されます。

◇「システム」タブ
システムで使用している色を選択できます。


◇「パレット」タブ
既定の色を選択できる他、色を作成することも可能です。


試しに、白のパレットを選択しましょう。
BackColorプロパティに「&H00FFFFFF&」の値が設定されたはずです。


色を作成する場合は、パレットの下から2段の空のパレットを右クリックします。
右クリックすると、色の作成ウィンドウが表示され、任意の色を設定できます。


【補足情報】16進数での色の表示

フォームやコントロールの色は、マウスで選ぶことで容易に設定できますが、設定される「&H00FFFF00&」のような値は、見慣れない方も多いのではないでしょうか。
この値は、光の三原色である赤、緑、青を16進数で表したものと、その他の情報が合わさっています。


16進数とは、16で桁あがりする数字の表し方です。社会一般では10で桁あがりする10進数が採用されています。
10進数での10~15にあたる部分を、16進数ではA~Fのアルファベットで表します。16進数ではFを超えると桁あがりします。

10進数・16進数の比較


サンプルコード

プログラムでの色の設定には大きく分けて2つの方法があります。
・BackColorプロパティに16進数での順に値を入力(【例】&HFFFFFF
・BackColorプロパティにRGB関数を用いて10進数での順に値を入力

【UserForm1】
Private Sub UserForm_Click()
    Me.BackColor = &HFFFFFF 'Me.BackColor = RGB(255, 255, 255)
End Sub

書籍紹介140以上のサンプルファイル付き!

知りたいがすぐわかる! やりたいがすぐできる!
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」(Kindle版)
ユーザーフォームを扱えると、VBAでできることが大きく広がります!
本書では、知りたいこと、やりたいことから、逆引きで学びを深められます。

■ 購入:amazon

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.