トップ > 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール > 1-29 画面基準でフォームを移動する

1-29 画面基準でフォームを移動するユーザーフォーム

次の書籍の第1章~5章を公開しています。
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」

目次  前頁   次頁  索引

【構文】 オブジェクト.Move Left,(Top),(Height),(Width)

Moveメソッドは、画面(ディスプレイ)の左上隅を基準に、フォームを移動します。移動にあわせてフォームの高さと幅を変更することも可能です。
Left,Top,Height,Widthの4つの引数は全てSingle型で整数または小数で指定します。Leftは必須ですが、残りは任意で指定します。


サンプルコード

フォームを画面左上隅から縦100、横100の位置に移動し、形を200×200の正方形にする

Private Sub UserForm_Click() 'フォームを移動し形を正方形にする
    Me.Move 100, 100, 200, 200
End Sub

Moveメソッドは、Top/Leftプロパティと同じ働きをしますが、フォームの大きさを変更できる点が異なります。


書籍紹介140以上のサンプルファイル付き!

知りたいがすぐわかる! やりたいがすぐできる!
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」(Kindle版)
ユーザーフォームを扱えると、VBAでできることが大きく広がります!
本書では、知りたいこと、やりたいことから、逆引きで学びを深められます。

■ 購入:amazon

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.