トップ > 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール > 5-9 指定した列のテキストを表示する

5-9 指定した列のテキストを表示するリストボックス

次の書籍の第1章~5章を公開しています。
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」

目次  前頁   次頁  索引

TextColumnプロパティは、指定した列のテキストをTextプロパティに設定します。
プロパティに設定できる値の範囲は、-1~リストの列数までの整数です。
 ・-1(既定):0より大きなColumnWidths 値を持つ最初の列を表示
 ・0:ListIndexの値を表示
 ・1~:指定の列を表示

例えば「Sheet1」シートのセル範囲[A1:D8]に次の値が設定されているとします。


サンプルコード

フォームを生成する際に、リストボックス1に「Sheet1」シートのセル範囲[A2:D8]を設定
表示列を4列にし、見出しを表示設定
2列目の値をTextプロパティに設定、4列目の値をValueプロパティに設定

Private Sub UserForm_Initialize()
    With ListBox1
        .RowSource = "Sheet1!A2:D8"
        .ColumnCount = 4    '表示列数
        .ColumnHeads = True '見出しあり
        .TextColumn = 2     '2列目の値をTextプロパティに設定する
        .BoundColumn = 4    '4列目の値をValueプロパティに設定する
    End With
End Sub

Private Sub CommandButton1_Click() MsgBox "選択した値:" & ListBox1.Text & vbLf & _ "該当列の値:" & ListBox1.Value End Sub

フォームを起動し、リストから値を選択し、コマンドボタンを押すと、選択した行の2列目の値がTextプロパティとして、4列目の値がValueプロパティとして取得されます。


書籍紹介140以上のサンプルファイル付き!

知りたいがすぐわかる! やりたいがすぐできる!
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」(Kindle版)
ユーザーフォームを扱えると、VBAでできることが大きく広がります!
本書では、知りたいこと、やりたいことから、逆引きで学びを深められます。

■ 購入:amazon

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.