トップ > 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール > 1-1 ユーザーフォームを挿入する

1-1 ユーザーフォームを挿入するユーザーフォーム

次の書籍の第1章~5章を公開しています。
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」

目次  前頁   次頁  索引

フォームの挿入は、VBEで行います。
VBEとはVisual Basic Editorの略で、VBAを作成するための統合開発環境アプリになります。
マクロを使用できるExcelに備わっています。

準備

①「開発」タブを表示
「ファイル」タブ → 「オプション」


「Excelのオプション」ウィンドウが表示されるので
「リボンのユーザー設定」 → 「開発」にチェックを入れる


②VBEを起動する
・「開発」タブ → 「Visual Basic」をクリック
・ショートカットで起動する場合は[Alt]+ [F11]を押します。


起動すると次のような画面に切り替わります。


フォームの挿入

メニューの「挿入」 → 「ユーザーフォーム」をクリック


プロジェクトにUserForm1(次図赤枠部)が追加され、フォームが挿入されます。
あわせて右のウィンドウに挿入されたオブジェクトが表示されます。


書籍紹介140以上のサンプルファイル付き!

知りたいがすぐわかる! やりたいがすぐできる!
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」(Kindle版)
ユーザーフォームを扱えると、VBAでできることが大きく広がります!
本書では、知りたいこと、やりたいことから、逆引きで学びを深められます。

■ 購入:amazon

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.