トップ > 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール > 1-19 追加するコントロールのデフォルトのフォントを設定する

1-19 追加するコントロールのデフォルトのフォントを設定するユーザーフォーム

次の書籍の第1章~5章を公開しています。
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」

目次  前頁   次頁  索引

Captionプロパティを持つオブジェクトはフォントの設定が可能です。
フォントに関するプロパティは「Font」と「ForeColor」があります。
Fontプロパティは、種類、スタイル、サイズ等の設定であり、ForeColorプロパティは、色の設定になります。

ユーザーフォームでフォントに関するプロパティを設定した場合、その後、フォームに追加するコントロールに、その設定が継承されます。

プロパティウィンドウでの設定

◇Fontプロパティ
プロパティウィンドウのFontを選択すると、[...]ボタンが表示されるので、それをクリックします。
クリックすると、フォントウィンドウが表示されるので、フォントの種類やスタイル、サイズを選択します。


◇ForeColorプロパティ
ForeColorプロパティは、文字色(前景色)を設定するプロパティです。色の設定方法は、BackColorプロパティと同様です。


サンプルコード

フォントの種類を「Meiryo UI」、サイズを14、色を赤に設定
フォームへのフォント設定後には、ラベルを追加し見出しを設定

【UserForm1】
Private Sub UserForm_Click() 'フォントのタイプ・サイズ・色の変更
    Me.Font.Name = "Meiryo UI"
    Me.Font.Size = 14
    Me.ForeColor = RGB(255, 0, 0) '16進数:&HFF&
    Dim objLabel As MSForms.Label
    Set objLabel = Me.Controls.Add("Forms.Label.1")
    objLabel.BackStyle = fmBackStyleTransparent
    objLabel.Caption = "サンプル"
End Sub



書籍紹介140以上のサンプルファイル付き!

知りたいがすぐわかる! やりたいがすぐできる!
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」(Kindle版)
ユーザーフォームを扱えると、VBAでできることが大きく広がります!
本書では、知りたいこと、やりたいことから、逆引きで学びを深められます。

■ 購入:amazon

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.