トップ > 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール > 2-2 基本的なコントロールに共通のメソッドを確認する

2-2 基本的なコントロールに共通のメソッドを確認するコントロール

次の書籍の第1章~5章を公開しています。
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」

目次  前頁   次頁  索引

デフォルトのツールボックス内のコントロールに共通するメソッドは次の通りです。
・Moveメソッド
 コントロールの位置を移動、あわせてサイズを変更する
・SetFocusメソッド
 フォーカスを該当のコントロールに移す
 ※フォーカスを受け取れるコントロールのみ
・ZOrderメソッド
 コントロールの前面背面の順番を決める


コントロールの位置とサイズを変更するMoveメソッド

【構文】オブジェクト.Move Left,(Top),(Height),(Width)

Moveメソッドは、該当コントロール位置とサイズを同時に設定することのできるメソッドです。
ユーザーフォームと同様です。詳細は次を参照してください。
「1-29 画面基準でフォームを移動する」


コントロールにフォーカスを移すSetFocusメソッド

【構文】オブジェクト. SetFocus

該当のコントロールにフォーカスを移します。フォーカスを受け取れるコントロールが対象です。


サンプルコード

コマンドボタンをクリックすると、テキストボックスにフォーカスが移る

Private Sub CommandButton1_Click()
    TextBox1.SetFocus
End Sub

コントロールの重なりを設定するZOrderメソッド

【構文】オブジェクト. ZOrder (zPosition)

ZOrderメソッドは、コントロールの前面・背面の重なり順を設定します。
引数zPositonに設定できる値は次のいずれかです。
 ・0- fmTop(既定):最前面に配置します。省略可能です。
 ・1-fmBottom:最背面に配置します。

このZオーダーは、VBEのデザインモードで予め設定することも可能です。
デザインモードでは、該当コントロールを右クリックし、表示されるメニューで設定します。


サンプルコード

コマンドボタンをクリックするとLabel1コントロールが最前面に移動する

Private Sub CommandButton1_Click()
    Label1.ZOrder
End Sub

デザインモードでは、Zオーダーの前後順を一つずつ変更できますが、VBAでは最前面か最背面のどちらかの設定になります。


書籍紹介140以上のサンプルファイル付き!

知りたいがすぐわかる! やりたいがすぐできる!
「Excel VBA 逆引きで学ぶ ユーザーフォーム&コントロール」(Kindle版)
ユーザーフォームを扱えると、VBAでできることが大きく広がります!
本書では、知りたいこと、やりたいことから、逆引きで学びを深められます。

■ 購入:amazon

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.