Maniac

VBA高速化検証:配列変数

配列変数とは、変数に番号をつけ、1元的に管理するものです。配列変数のメリットは、変数を数字で指定できることであり、そうすることで関連する値等を、同じ名前でまとめて管理できます。
今回は、配列変数は高速化の観点ではどうなのかと疑問を持ったため、検証を行いました。尚、Excel2003と2007で検証を行っています。

配列変数

下の表とグラフは、私のパソコン※でスピード検証テストを行った結果です。
※Vista / intel Core2 Duo / Excel2003,2007


結果

・Excel2003と2007では、2007の方が若干高速であった
・1次元配列であっても配列を使用しないケースと比較し2.9倍程処理に時間がかかっている
・1次元・2次元・3次元では、処理の時間は一定の割合で増加している


結果から

非常に重宝する配列変数ですが、高速化の観点からは、メリットはないようです。
2次元以降は、一定の割合で処理時間が増加していくようなので、多次元の配列の使用は控えることも、高速化のポイントです。

※今回のテストは私のパソコンのみの検証であり、どのような環境でも、同様の結果を保証するものではありません。
※Excelのバージョンで結果に違いが出る事が考えられます。


検証テストコードとファイル

●検証テストのコード [ Code ]
●Excel97-2010 [Test_File] 検証テストを行ったファイルです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.