トップ > 汎用コード > ビルトインドキュメントプロパティの一括設定

ビルトインドキュメントプロパティの一括設定

フォルダ内の全てのブックのドキュメントプロパティを、一括で設定するマクロです。
ドキュメントプロパティとは、ブックに記録できる「タイトル」「作成者」「コメント」といった情報です。
今回はOfficeで定義されている「ビルトインドキュメントプロパティ※」を一括で設定します。
※Excelブックを右クリックし「プロパティ」→「詳細」に表示される項目です


社外に出すExcelブックに、会社情報等を一括で設定するといった用途が考えられます。

サンプルコード

コードの貼り付け場所

コードを貼り付けて、マクロ「All_Books_SetBIDP」を実行すると、フォルダ選択ダイアログが表示されます。
フォルダを選択すると、そのフォルダ内の全てのExcelブックにビルトインドキュメントプロパティが設定されます。

Sub All_Books_SetBIDP() '実行用マクロ
 'フォルダ内全てのブックを対象にビルトインドキュメントプロパティを設定
    Dim strDirPath As String
    
    'フォルダの選択
    With Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
        If .Show = True Then strDirPath = .SelectedItems(1)
    End With
    If Len(strDirPath) = 0 Then Exit Sub
    
    'フォルダの存在確認
    If Dir(strDirPath, vbDirectory) = "" Then Exit Sub
    
    'フォルダ内ブック検索・ドキュメントプロパティ設定
    Call Search_Books(strDirPath)
    
End Sub

Private Sub Search_Books(ByVal strPath As String) 'フォルダ内ブック検索 Dim strTarget As String Dim strAppUserName As String Const USN As String = "坂江保" '項目「前回保存者」用 With Application strPath = strPath & .PathSeparator 'フォルダパスにフォルダ区切り文字追加 strTarget = Dir(strPath & "*.xls?") 'フォルダ内のExcelブックを検索 If strTarget = "" Then Exit Sub 'ブックがなければ終了 .ScreenUpdating = False '画面更新停止 .DisplayAlerts = False '確認メッセージ非表示 strAppUserName = .UserName 'アプリケーションのユーザー名を取得 .UserName = USN 'アプリケーションのユーザー名を設定 On Error Resume Next Do With .Workbooks.Open(strPath & strTarget) Call Set_BID_Property .Save .Close End With strTarget = Dir() '次のExcelブックを検索 Loop Until strTarget = "" 'ブックがなければループから抜ける On Error GoTo 0 .UserName = strAppUserName 'アプリケーションのユーザー名を戻す .DisplayAlerts = True .ScreenUpdating = True End With strTarget = Dir("") End Sub
Sub Set_BID_Property() '各項目設定 With ActiveWorkbook .BuiltinDocumentProperties(1).Value = "BIDPサンプル" 'タイトル .BuiltinDocumentProperties(2).Value = "サブタイトル" 'サブタイトル .BuiltinDocumentProperties(3).Value = "坂江保" '作成者 .BuiltinDocumentProperties(4).Value = "Excel" 'キーワード .BuiltinDocumentProperties(18).Value = "Office2019" '分類項目 .BuiltinDocumentProperties(5).Value = "コメントです" 'コメント .BuiltinDocumentProperties(8).Value = "2" '改訂番号 .BuiltinDocumentProperties(20).Value = "特記事項無し" 'マネージャー .BuiltinDocumentProperties(21).Value = "Excel Tips for Learners" '会社名 End With End Sub

サブルーチン「Set_BID_Property」内の値を変更してご使用ください。
設定不必要の項目はコメントにするか削除してください。

なお、ドキュメントプロパティの前回保存者は、そのブックを最後に保存した際のアプリケーション(Excel)のユーザー名が設定されます。
この項目を設定する場合は、コード内の「前回保存者」の箇所に、任意のユーザー名を設定してください。
※マクロ実行の際に、一時的に設定したユーザー名になり、終了時に元のユーザー名に戻ります



ページトップへ戻る

Excel 汎用コード



Word 汎用コード

Copyright(C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.