Shell Paint

ペイントの起動

 オートシェイプやワードアート、Excelで編集した画像をコピーし、Windowsのペイントに貼り付け保存することは、多々あります。
 ここでは、マクロでペイントを一発起動するコードを記載します。尚、ペイントの他、メモ帳、電卓、コマンドプロンプトの起動コードも併せて記載します。

サンプルコード

Sub Shell_Paint() 'ペイントの起動
    Dim lngTaskID As Long
    lngTaskID = Shell("mspaint.exe", vbNormalFocus)
    If lngTaskID = 0 Then
        MsgBox "ペイントを起動出来ませんでした。", vbExclamation + vbOKOnly
    End If
End Sub
'-------------------------------------------------------------------------------------------------------

Sub Shell_Notepad() 'メモ帳の起動
    Dim lngTaskID As Long
    lngTaskID = Shell("notepad.exe", vbNormalFocus)
    If lngTaskID = 0 Then
        MsgBox "メモ帳を起動出来ませんでした。", vbExclamation + vbOKOnly
    End If
End Sub
'-------------------------------------------------------------------------------------------------------

Sub Shell_Calc() '電卓の起動
    Dim lngTaskID As Long
    lngTaskID = Shell("calc.exe", vbNormalFocus)
    If lngTaskID = 0 Then
        MsgBox "電卓を起動出来ませんでした。", vbExclamation + vbOKOnly
    End If
End Sub
'-------------------------------------------------------------------------------------------------------

Sub Shell_Cmd() 'コマンドプロンプトの起動
    Dim lngTaskID As Long
    lngTaskID = Shell("cmd.exe", vbNormalFocus)
    If lngTaskID = 0 Then
        MsgBox "コマンドプロンプトを起動出来ませんでした。", vbExclamation + vbOKOnly
    End If
End Sub

Excel Tips for Teachers

Copyright (C) 2009- 坂江 保 All Rights Reserved.