Software

選択セル範囲を画像で保存アドイン

Information

  • 2019/08/24 バージョンアップ Excel2019に対応
  • 2013/05/17 バージョンアップ メモリーリーク対応処理追加
  • 2013/01/04 機能を拡張した姉妹ソフト(シェア版)を公開
  • 2012/10/14 公開

ソフト概要

選択しているセル範囲を画像として保存するアドインです。

【特徴】

●画像の保存形式は5種類に対応
 画像の保存形式は「PNG」「JPG」「GIF」「TIF」「BMP」に対応しています。

●ファイル名を自動でつけて保存が可能
 「保存の設定」を変更する事で、「ファイル名を自動でつけて保存」ができます。
 予めフォルダを指定しておけば、「保存」コマンドをクリックする度に、該当フォルダに画像ファイルが次々と保存されていきます。

●オートシェイプや図に対応
 セル範囲だけでなく、オートシェイプや図の保存にも対応しています。

●64bitに対応
 64bit版のExcelにも対応しています。

●ご自身のマクロから呼び出し可能
 ご自身のマクロからこの機能を呼び出せます。

フリー Ver.1.4 ダウンロード 80KB

アドインとは

Excelアドインとは、Excelに独自のコマンドや機能を追加するプログラムの事です。[詳細]
アドインを使用するにはインストールと組み込みが必要となりますが、このアドインにはインストール・組み込み支援ソフトが同梱しています。


留意点

・このアドインはクリップボードを使用するため、クリップボードの内容が置き換わります。
・最大対応処理ピクセルは2400×3200です。
・PNGやGIFなどでの透過画像には対応していません。


使用例画像

アドインを組み込むと、セルの右クリックメニューに「選択範囲を画像で保存」メニューが表示されます。それを選択すると「保存」「設定」のコマンドが現れます。


セル範囲を選択して「保存」コマンドを実行すると、デフォルトでは「名前をつけて保存」のダイアログが表示されます。


保存場所を選んだのち保存。該当の場所に画像ファイルが作成されます。


作成されたファイル開くと、画像として保存されていることが確認できます


図も保存できます。図を選択した後、「アドイン」タブの「選択範囲・図形を画像で保存」メニューから「保存」コマンドを実行します。


「設定」コマンドを実行すると「ファイルの保存設定」フォームが現れます。


フォームでは、保存の方法(「名前をつけて保存」か「自動でファイル名をつけて保存」)や、「自動でファイル名をつけて保存」の場合の、保存場所や保存形式を設定できます。


フリー Ver.1.2 ダウンロード 80KB


ご自身のマクロからこの機能を呼び出す

このアドインをExcelに組み込むと、ご自身のマクロからこの機能を呼び出し使用できます(ある程度の制約はあります)。
機能の呼び出し方法は、以下のサンプルコードを参考にしてください。

サンプルコード※アドインを組み込んでいないとエラーになります

Sub Sample()
    Dim i As Long
    With ActiveSheet
        For i = 1 To 6
            .Range(.Cells((i - 1) * 20 + 1, 1), .Cells(i * 20, 20)).Select
            With Application
                .Wait (Now + TimeValue("0:00:01"))
                .Run "Save_Selection_Without_Picture"
            End With
            If i Mod 30 = 0 Then DoEvents
        Next
    End With
End Sub

※画像ファイルの保存先は、このアドインの「設定」で指定します

連番の画像ファイル作成や、マクロ内で保存先を指定したい場合は、より機能を拡張した
姉妹版(シェア版)をご利用ください。


動作確認

OS:WindowsXP/Vista/7/8/10
Excel:2003/2007/2010/2019
 
上記での動作は確認済みです。
Macには対応していません。

ページトップへ戻る

一般業務用(フリー)

学校用(フリー)

ユーティリティ(フリー)

シェアソフト

Copyright(C) 2009- 坂江保 All Rights Reserved.