Index
分類:検索/行列

INDEX

 INDEX関数は「検索/行列」に分類される関数で、行番号と列番号で指定されるテーブル、または配列 の要素の値を返します。MATCH関数と組み合わせると、応用の幅が非常に広がります。
 「氏名と教科名からその人物の成績を抽出する」といった用途が考えられます。


INDEXの機能と構成

機能:行番号と列番号で指定されるテーブル、または配列の要素の値を返す。

構成:=INDEX(配列,行番号,列番号)

※INDEX関数は配列形式と、セル範囲形式の2種類ありますが、ここでは配列形式を取り上げます。

◆引数
 「配列」セル範囲または配列定数を指定します。
 「行番号」配列の中にあり、値を返す行を数値で指定します。行番号を省略した場合は、必ず列番号を指定する必要があります。

 「列番号」配列の中にあり、値を返す列を数値で指定します。列番号を省略した場合は、必ず行番号を指定する必要があります。

 行番号と列番号の両方が使用されている場合は、行番号と列番号が交差する位置にあるセルの値が返されます。行番号、列番号の両方、又はどちらかが配列の範囲外を指定すると#REF!のエラーになります。

 行番号または列番号を 0 に設定すると、それぞれ列全体または行全体の値の配列が返されます。配列として返される値を利用するには、INDEX 関数を配列数式として横方向のセル範囲に入力するか、縦方向のセル範囲に入力します。配列数式を入力するときは、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。

◆引数を指定する例

 セル範囲[B2:F9]から2行・3列目の値を取り出す。:=INDEX(B2:F9,2,3)

 配列定数の中から2行・2列目の値を取り出す:=INDEX({1,2;3,4},2,2)

 セル範囲[B2:F9]に[DataArea]と名前の定義を行い、その範囲の5行・3列目の値を取り出す。
 :=INDEX(DataArea,5,3)

◆下図は名簿を利用したINDEX関数の使用例です。
 セル範囲[B2:F9]から5行・4列目の値を取り出す。


 行に「0」を指定した配列数式として使用例


INDEX関数の応用

 INDEX関数はその特性からMATCH関数と相性が良く、組み合わせて使用することが多いです。この組み合わせは、検索関数の組み合わせで、最も応用が聞くため、私も多用します。ここではその代表的な使用法を例に挙げます。(注意:分かりやすいように色をつけました。)

◆行・列の値をそれぞれMATCH関数で検索し、それらを基にINDEX関数で指定したセル範囲から
 値を取り出します。




Excel Tips for Teachers

Copyright (C) 2009 坂江 保 All Rights Reserved.